阪神の沖縄キャンプは行く価値あり!オススメする3つの理由

沖縄の海 遊びスポット
阪神キャンプ
Pocket

阪神の沖縄キャンプは行く価値あり!オススメする3つの理由をご紹介します。

 

2月1日といえばプロ野球のキャンプが始まる日。

プロ野球ファンとしては待ちに待った日でもあります。

12球団それぞれが各地でキャンプを行うのですが、阪神タイガースは例年沖縄の宜野座でキャンプをしています。

しかし、今年(2021年)はコロナの影響で無観客が発表されていますので、残念ながら沖縄に行って現地観戦することは出来ないのですが、来年(2022年)は行けることを信じてキャンプを生で見る魅力をお伝えします。

 

阪神の沖縄キャンプは行く価値あり!オススメする3つの理由

阪神タイガースは毎年2か所に分かれてキャンプを行っています。

一軍は沖縄の宜野座。二軍は高知の安芸です。

10年ほど前までは一軍も二軍も高知で行われていたのですが、今は一軍だけが沖縄でキャンプをしています。

 

沖縄はゆうまでもなく非常に暖かく、2月でも半袖で全然寒くないくらい過ごしやすい気候です。

更に決して暑くはないので、運動するにはとてもいい環境です。

 

沖縄キャンプならではの魅力がありますのでご紹介します。

 

かりゆしホテルズボールパーク宜野座

阪神タイガースがキャンプを張るのは「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」

 

那覇空港から車で約1時間くらいの場所にあります。

駐車場は近くに幾つかありますが近くから埋まっていきますので昼過ぎに行くとグラウンドから遠い駐車場になってしまいます。

 

練習場は大きく分けて以下の4か所。

  • かりゆしホテルズボールパーク宜野座
  • サブグラウンド
  • かりゆしホテルズボールパーク宜野座DOME
  • ブルペン

メイン球場の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」は両翼:98m、中堅:122mと阪神甲子園球場とほぼ同サイズの球場で、観客席はそれほど多くはないものの、ファールゾーンが狭いためグラウンドとの距離が近く観戦しやすい球場です。

 

「サブグラウンド」は陸上のトラックがある長方形のグラウンドで、投手の長距離走や内野手の特守に利用されることの多いグラウンドです。

 

かりゆしホテルズボールパーク宜野座DOME」は名前の通りドーム型のグラウンドで雨天時の練習や選手の個別練習で利用され、隣の筋トレルームとも繋がっていることから通路には選手が一人で現れることがあります。

 

「ブルペン」は投球練習を観ることが出来ます。

観覧席は限られていますので人気選手が練習している際は混んでいますが、メイン球場で練習が行われている際は人が少ない傾向にあります。

 

  • 住所:〒904-1302 沖縄県国頭郡宜野座村宜野座188
  • 電話番号:098-968-8780
かりゆしホテルズボールパーク宜野座 | 宜野座村
住       所 宜野座村字宜野座188 電話番号 098-968-8780 管理元 宜野座村 教育課 運営時間 9:00~22:00 休館日 ・毎週火曜日 ・12/27~1/4 用       途 野球(ナイター照明完備)  

高速降りたらすぐに到着!最短距離だとコンビニは無いので飲み物は先に買っておくことをオススメします。

 

選手が近い

キャンプの魅力はとにかく選手が近いことです。

 

キャンプ地の球場というのは普段は一般の人が使う普通の球場ですので、選手がグラウンドを移動する際はファンの方と同じ通路を通るため、1m程度の距離まで近づくこともあります(スタッフが常についているため選手に触ることは出来ません)。

 

また選手との距離が近い分、声援を送った際には手を挙げて応えてくれることもありますので、選手とファンの距離感が非常に近いです。

もちろん写真はOKなので自分のひいきの選手が近くに来たときは写真を撮るべきか自分の目に焼き付けるかは悩むところです。

 

サインが貰える

これはキャンプの醍醐味ではないでしょうか。

 

昼休みの時間には事前抽選で当選したファンは選手との握手やサインを直接貰うことができます。

これは球団としてのファンサービスなのでほどんどの日で選手を替えて行っています。

ただこれは事前の抽選に当たる必要があること、その日のサイン会が自分の欲しい選手かどうかは運次第になります。

 

それ以外にも選手の即席サイン会が突然実施されたり、サブ球場で練習を終えた選手がメイン球場に戻る際に出待ちしているファンにサインをしてくれたりします。

こちらは自分の好きな選手を狙って貰えますので、練習終わりを狙ってみることをオススメします。

 

一日滞在すると運が良ければ5人~10人のサインを貰うこともできます。

選手にもその日の気分やスケジュールがありますので、無理に追いかけることはせず選手の邪魔をしないことがマナーです。

 

好きな練習を好きなだけ観れる

キャンプは朝の9時半頃からスタートして夕方16時くらいまで行われています。

 

入場料は無料でかつ時間制限はありませんので、飽きるまでとことん野球を観ることできます。

シーズン中の試合日であれば開門時間に入場してもひいきチームのバッティング練習はほんの少ししか観れませんが、ここなら存分に楽しむことが可能です。

やはりプロ野球選手の打球というのは観ているだけで惚れ惚れする放物線を描きますので何時間でも観ていられそうです。

 

最近の球場はブルペンが中にあることが多いですが、ここなら好きなだけプロの球を間近で感じることができます。

選手の声も聞こえてきますので迫力ある投球が観れるのもここでの贅沢です。

 

番外編:名物弁当

沖縄キャンプといえば「パーラー宜野座」が有名です。

 

ここはメイン球場とサブ球場の導線の間にある食事処で選手の名前をもじったお弁当が販売されています。

値段も手ごろで「鳥谷丼」や「高山カレー」、「梅野ミット」などの色々な種類がありますので、是非自分のひいき選手のお弁当を楽しんでみてはいかかでしょうか。

2021年はコロナ禍で休業ということなので2022年は無事にオープンできることを期待しましょう。

 

球場に訪れた人の声は?

 

練習の時の選手の声が聞こえてくるのが試合とは違うところ。やっぱり生の声が聞けるのがキャンプの良いところです。

憧れの大山選手からサインゲットしました。キャンプに訪れる人が多いのでサインもらえてラッキーでした。

 

梅ちゃんからサインが貰えました。やっぱりプロの選手は間近で見ると大きい!バッティング練習もすごい当たり連発でした。

初めて沖縄にやってきました。暖かい気候でとても気持ちいい場所です。球場も綺麗でとても見やすかったです。

土日に行くとすごい人です。運よくサインももらえました。選手が目の前を歩いてるのが不思議な景色でした。

矢野監督とツーショット。やっぱりイケメン。

やっぱりプロの球は凄い。ブルペンでの投球が見れるなんてここに来て良かったです。

 

まとめ

阪神の沖縄キャンプは行く価値あり!オススメする3つの理由をご紹介しました。

 

普段の試合の日では観ることの出来ない素顔や練習風景、そしてなにより暖かい気候で観戦できる環境は沖縄ならではの魅力です。

特に阪神はファンが多いためシーズン中にサインを貰うことは困難ですが、沖縄キャンプでは簡単に写真撮影やサインを貰うことができます。

 

今年はコロナで無観客でのキャンプが決定してしまいましたが、近い将来コロナが終息し、通常の生活が戻ってくるはずですので、その時は選手の練習を邪魔をしないようにマナーを守りながら、好きな選手を間近で観ることができる沖縄に訪れてみてはいかかでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました