モンハン映画はつまらない?面白いと評価する人との違いは何?

遊びスポット
Pocket

モンハン映画はつまらない?面白いと評価する人との違いは何なのかをご紹介します。

2021年3月26日に上映を迎えた映画「モンスターハンター」(通称:モンハン)

大人気ゲームタイトルの映画化とあって非常に注目を集めているのですが、面白いという評価がある一方でつまらない・ひどいといった声が上がっています。

今回のモンハン映画はひどくつまらないのか。

意見が分かれるにはどんな違いがあるのかをご紹介します。

 

モンハン映画のあらすじ

エリート特殊部隊を率いる軍人アルテミスは砂漠を偵察中、突如発生した激しい砂嵐に襲われ、その場を必死に逃げるものの一瞬にして飲み込まれてしまう。

強烈な突風と激しい稲光の中で気を失ったアルテミスが目を覚ますと、そこは元いた場所とは全く異なる見知らぬ異世界であった。

その世界には近代兵器の通用しない超巨大なモンスターが生息し、そんなモンスターの狩猟を生業とするハンターがいた。

はたして元の世界に戻る方法はあるのか?

アルテミスが元の世界に戻るためには次々襲来する巨大モンスター達を倒し、生き残るしかない。狩るのは人間か? モンスターか!? 究極のサバイバル激闘を繰り広げていく。

 

モンハン出演者は誰?

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ(主演)
  • トニー・ジャー
  • ティップ・“T.I.”・ハリス
  • ミーガン・グッド
  • ディエゴ・ボネータ
  • 山崎紘菜 and
  • ロン・パールマン
  • ヤニック・シューマン

主演のミラ・ジョヴォヴィッチさんは映画「バイオハザード」シリーズでお馴染みの女優さんですね。

今回の監督・ポール・W・S・アンダーソンさんも映画「バイオハザード」を手掛けた人ですので、まさに今回は協力タッグでの作品となりました。

 

日本語吹き替えは誰?

  • アルテミス: 本田貴子
  • ハンター: 松坂桃李
  • 大団長: 大塚明夫
  • リンク: 杉田智和
  • マーシャル: 宮野真守
  • ダッシュ: 井上麻里奈
  • スティーラー: 中村悠一
  • アックス: 花江夏樹

松坂桃李さんの声優も注目ですが、『鬼滅の刃』で竈門炭治郎の声を演じた今大人気の花江夏樹さんが出演していることに注目ですね。

 

モンハン映画はつまらない?

モンハンといえばシリーズ累計6500万本を売り上げるカプコンの大ヒットゲームですが、今回ハリウッドで実写映画化となりました。

 

更に、主演を飾るのは同じくカプコンの人気ゲームを映画化にした「バイオハザード」シリーズの主演ミラ・ジョボビッチとその監督ポール・W・Sアンダーソンが再タッグを組んだ注目タイトルでもあります。

 

しかし先行上映の際には「ひどい」「つまらない」「面白くない」などのネガティブな意見も多く、一概に面白いとは言えないようです。

どんな部分がつまらないのか実際の声をご紹介します。

 

つまらない・ひどいの声

まず最初の前半の1時間が要りません。
映画の冒頭の大きな船が進んでいくシーンや、ミラジョボ大尉とアメリカ軍の特殊部隊が砂漠を走るシーンは、ほんとに期待させてくれるというかワクワクしていました。
問題はその後、ディアボロス?と言う名前の巨大なやつが出てきますが、こいつが強すぎてレオリウスが全くインパクトがないです。

内容が薄くてストーリー性がないです。

私はモンスターvs人間を見たくて観に行ったのに最初のハンターVSミラジョボビッチが長すぎるしすぐ仲良くなるし退屈でした。

あげくの果てにはディアブロス戦が長くて最後のリオレウス戦があまりに引き立たなく最後らへんは一番面白くなかったです。

だけど面白いところもありました。

それは映画でもカプコン製ヘリは落ちるという事を見れたところです。

個人的にハマらなかった。理由は2つあります。
1 まず設定が好みじゃない。

現代×モンハンではなく、モンハンの世界を純粋に楽しみたかった。

銃、手榴弾、戦車は絶対使っちゃいけないです。

モンハンの映画なら特有の武器を扱ってモンスターを狩ってほしかった。
2 モンスター選び。

これはVS人である以上仕方ないとは思う。

人が治療でどうにかなる属性のモンスターしか出てこない。

ジンオウガ、ラージャン、キリンあたりが出てくると、多分殺戮兵器にしかならないからだと思う。

水辺のシーンとかも。

あそこはガノトトスでバッシャーンでしょ。
迫力はとてもあった。

リオレウスとの対面シーンはリアルだった。

これはモンハンの映画でしょうか?

主人公が頑丈過ぎます。

バイオハザードのアリスか?と思うほど。

ストーリーは全くといって無いようなもの。

モンハン世界の話もほぼ人間同士の格闘戦と大量な小型モンスターから逃げるだけ。

期待していたよりも登場するモンスターも少ない。

せめて特訓シーンとかで様々なモンスターを狩るなどいくらでもチャンスはあったはず。
良かったとこ上げるとしたらリオレウスが暴れるシーンは良い。
続編匂わす終わり方をしたけど多分もう観ない。

余計な設定とかストーリーは要らないんです。

現代と異世界とか世界観がおかしい。
ただひたすらモンスターとの戦闘を観ていたいんですよね。

ただゲームの世界に浸っていたい。

もっとモンスターを出して欲しいし、もっとたくさんの“武器”で闘ってほしかった。

序盤からモンスターは出てくるがメインは人間vs人間の戦いです。

助けて貰っておいて戦いをしかける不思議な時間は萎えます。
中盤以降はモンスターメインですが、びっくりするほどモンスターがサクッと倒されるので期待外れです。
全体的にこれじゃない感がスゴいです。

このように期待感が大きすぎるのもあって、その期待に応えられず残念な声が出ています。

 

面白いの声

迫力があって良かったです。

そもそもゲームをやっていないのですが、巨獣を多人数で倒すみたいなのは観たことがあってかなりの再現度だと思います。

ここをこうしてほしかったみたいなとこ3つくらいあって、ネタバレに該当しなさそうなとこで言うとその巨獣対グループの出来は凄く良いのでもっとそのシーンが欲しかったというところです。

ゲームは未プレイです。

アクション感覚で4Dで観たかったけど吹替しかないので3Dで鑑賞。

ストーリーよりアクションやモンスターの迫力を楽しみました。

序盤の対人戦が割と長くモンスター狩りはいつになったら始まるのかと思いながら観ていました。

お肉を焼くのは知ってましたがケバブみたいですね。
猫キャラ知らないけど、知ってる人は笑っていました。

どんなキャラなのか気になりました。

多分次の展開ありそうなので、もっと掘り下げもらえると面白くなると思います。

壮大なスケールにCGだけに頼らず現地で撮られたという大自然。

モンスターが怪獣レベルの大きさでハンターシーンは大迫力です。

アクション好きの人にはたまらないですよね。

ゲームをやった事が無いですが楽しめました。
大迫力の戦闘シーンを楽しみたい方はオススメです。
ゲームを知っていればもっと楽しめるかもです。

面白かったです。
導入部がちょっと長く感じたし、ディアブロスに尺取りすぎかなーて思う部分もあったけど、ディアブロスもリオレウスもカッコよかったのでとても満足。
強いて言うならリオレウスの尺がディアブロスに比べて短かった気がするから、リオレウスが無双するところをもっと長く観たかった。
短かった気がするけど無双するレウスさんはめちゃくちゃカッコよかった。

ミラのアクションとモンスターCGのクオリティがとても高いので、映画館で見るのが圧倒的にオススメです。
モンハンは2ndGと3rdをやっていましたが、ディアブロスとレウスのかっこよさ&強さに震えました。

さすがバイオの監督とあって、ゲームのモンスターより何倍も怖いです。
ストーリーは序章という感じで少し物足りなさもあるものの、個人的には見たいものが見れて満足です。

映画館ならでは大迫力のシーンが凄いみたいですね。

 

面白いと評価する人との違いは何?

今作はハリウッド映画とあって大迫力CGは健在のようです。

またモンスターの肉を焼きかぶりつくお馴染みのシーンや、中盤のVSディアブロス、終盤のVSリオレウスなどモンハンファンには堪らない内容になっています。

 

しかし、「モンスターハンター」シリーズのファンからすると現代と異世界をつないでしまうことによるゲームの世界観が台無しという声も多く、意外と「モンスターハンター」を知らない人のほうが映画にすんなりと入りこめたようです。

 

また今作の監督と主演が映画「バイオハザード」と同じであることからも「モンスターハンター」の映画でありながら「バイオハザード」感が出ているとの声も多く、「バイオハザード」シリーズが好きな人にも評価が高い傾向がありました。

 

まとめ

モンハン映画はつまらない?面白いと評価する人との違いは何なのかご紹介しました。

ハリウッド映画とあってモンハンに出てくるモンスターがリアルで面白いと評価される一方で、映画とゲームでは世界観にズレがあるためつまらないという声も多くありました。

 

映画と同じく3月26日にはモンハン最新作「モンスターハンターライズ(Nintendo Switch)」が発売されますます盛り上がりをみせるモンスターハンター。

ゲームも映画もモンハンの世界を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました