「本サイトのコンテンツにはアフィリエイト広告を利用しています。」

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!

少年野球 ビヨンド、禁止、いつから スポーツ
少年野球 ビヨンド、禁止、いつから
Pocket

野球を始めるきっかけは、人それぞれですが、始めたからにはヒットやホームランを打ちたいという衝動にかられるのではないでしょうか?

近年、ビヨンドマックスなどの飛距離が飛躍的に向上するバットの使用が、全国各地で禁止されるようになっています。

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!についてご紹介します。

ビヨンドマックスレガシーについては下記を参考にしてください。

ビヨンドマックスレガシー少年用が飛ばないのは本当?口コミ紹介!
この記事は、ビヨンドマックスレガシー少年用が飛ばないのは本当?口コミ紹介です!スポーツ用品メーカー・ミズノが販売する軟式野球用バット。飛ぶバット、ホームラン多発。この記事は、ビヨンドマックスレガシー少年用が飛ばないのは本当?口コミ紹介です!

ビヨンドマックスレガシー少年用はスポーツ用品メーカー・ミズノが販売する軟式野球用バットです。

「Beyond Max」は、「最大を超える」という意味であり、通常、「Max」は「最大」を表します。

このフレーズは、ある領域や能力の限界を超えることを意味します。

スポーツ選手が自身のパフォーマンスを最大限に引き出し、その限界を超えて活躍することを指しています。

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!についてご紹介します。

 

少年野球ビヨンドの禁止はいつから?

少年野球でビヨンドの禁止はいつからなのでしょうか?

2023年12月現在、全国ですでに200以上の自治体がビヨンドマックスの使用禁止を決定しています。

ですが、今すぐ一般少年・中学軟式も禁止、ということはないでしょう。

そのため、大会の実施要項を確認してください。

すぐには対応できない問題ですし、メーカーが簡単に使用の禁止を許すは思えません。

飛ぶバットが目玉商品となっているメーカーも多いため、何かしらの抵抗があるでしょう。

ただし、安全性の確保が理由であったため、ウレタン素材禁止が広がらないとも言えません。

選手のケガ防止は、野球だけでなくスポーツ界全体の課題ですから。

 

なぜ使用禁止になるのでしょうか?

近年、少年野球でビヨンドマックスなどの飛距離が飛躍的に向上するバットの使用が問題視されています。

その結果、全国各地でビヨンドマックスの使用禁止が進んでいます。

なぜビヨンドマックスの使用が問題視されるのでしょうか?

ビヨンドマックスの使用が問題視される理由は、主に以下の2つです。

 

飛距離の増加による安全性の懸念

ビヨンドマックスは、従来の木製バットよりも反発力が高く、飛距離が大幅に増加します。

そのため、以下のような安全上の懸念が生じます。

* 打球がフェンスを越え、観客や車両に当たってしまう可能性がある。
* 打球が投手に当たってしまい、大怪我につながる可能性がある。

実際に、ビヨンドマックスを使用した打球がフェンスを越えて観客席や車両に当たった事例が、全国各地で報告されています。

また、投手にビヨンドマックスの打球が当たってしまい、大怪我を負うケースも発生しています。

 

ゲームバランスの崩れ

ビヨンドマックスを使用することで、非力な選手でも簡単にホームランを打つことができるようになります。

これにより、ゲームバランスが崩れてしまうという懸念があります。

例えば、ビヨンドマックスを使用した選手がホームランを連発すれば、それだけ試合のスコアが大きく開いてしまいます。

また、ビヨンドマックスを使用した選手が打撃で活躍すると、投手はより変化球を投じる必要が出てくるため、肩や肘の負担が増加する可能性があります。

 

少年野球でビヨンドマックスが禁止される自治体が増えている

このような問題を背景に、少年野球でビヨンドマックスの使用禁止が進んでいます。

2023年12月現在、全国ですでに200以上の自治体がビヨンドマックスの使用禁止を決定しています。

 

今後の展望

少年野球でビヨンドマックスの使用禁止がさらに進む可能性は高いと考えられます。

ビヨンドマックスの使用禁止は、安全性やゲームバランスの観点から、多くの野球関係者や保護者から支持されています。

一方で、飛ぶバットによって、非力な選手でも活躍のチャンスが広がるという意見もあります。

また、飛距離が伸びることで、よりスリリングなプレーが展開されるようになるという意見もあります。

今後、ビヨンドマックスの使用をめぐる議論は、さらに活発化していくでしょう。

 

少年野球ビヨンドを今から買う人要注意!

これからビヨンドを購入しようとしている人はこちらをお読みください。

親としても我が子の活躍のために良い道具を揃えてあげたいですよね?

結論からいうと、今からビヨンドマックスを購入するかどうかは、子供の成長や使用禁止の自治体などの状況を踏まえて、慎重に検討する必要があります。

子供はやっぱりビヨンドが欲しいと思いますが、先ほどもご紹介したように、今からビヨンドマックスを買う場合、以下の点に注意する必要があります。

  • 使用禁止の自治体で使用できない可能性がある

ビヨンドマックスの使用禁止が進んでいるため、使用禁止の自治体でビヨンドマックスを使用した場合、退場や出場停止などの処分を受ける可能性があります。

  • 子供の成長に伴って買い替えが必要になる可能性がある

子供は成長が早く、すぐにバットのサイズが合わなくなるため、ビヨンドマックスを購入しても、あまり長く使用できない可能性があります。

そのため、コストや安全性などを考慮して、購入するかどうかを検討する必要があります。

 

ビヨンドマックスを購入しようか迷ったら「battersbox(バッターズボックス)」

軟式用のバットの中では、ダントツで飛ばすことができるビヨンドマックスレガシーを使用したい・購入しようかと思っている人多いのではないでしょうか?

こちらのバットは、とにかく高いです。

定価は42,900円です。

性能を見ればこの価格が高すぎるということもないという見解も多いのですが、個人で出す価格にしては高価すぎるのが現状です。

実は高額バットのレンタル(サブスク)サービス「battersbox(バッターズボックス)」を利用することで自分に合うのか確かめられます。

服の試着のようなものですね。

バッターズボックスのバットサブスクは月額2,750円~利用できて、使い心地が気に入った場合そのまま自分の物にすることもできるのです。

ビヨンドマックスレガシーは月額6,600円で新品を使用できます。

もちろん気に入らなかった場合は、その月で解約して返品することもできます。

 

バッターズボックスのサブスクの特長

1

バッターズボックスならバットを実際に使用し打感・飛距離・振りやすさをグラウンドで確かめることができます!

2

バットが合わないと思ったら解約可能。バットを返却し、次のバットをお試しあれ!

3

バットが気に入ったら返却不要!月額費がご契約中のバットの販売価格に達した時点でバットはあなたのもの!毎月の月額費が無駄になりません‼

お買い上げシステム対象プランのみの対応です。

4

お子様の成長に合わせてバット選びが可能です。そのたびに買い替える必要がなく、成長期のお子様でも安心です!

もっと詳しく気になる方は公式HPから確認してみてください♪

今から買うのは価格を勘案してももったいないですし、そこで禁止になるバットを今から買うのではなくサブスクで色々試してみてはいかがでしょうか?

もしくは禁止になるまではビヨンドをサブスクで利用してみてはいかがでしょうか?

 

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!まとめ

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

2023年12月現在、全国ですでに200以上の自治体がビヨンドマックスの使用禁止を決定しています。

ビヨンドマックスの使用禁止は、安全性やゲームバランスの観点から、多くの野球関係者や保護者から支持されています。

今後、ビヨンドマックスの使用をめぐる議論は、さらに活発化していくでしょう。

今からビヨンドマックスを購入するかどうかは、子供の成長や使用禁止の自治体などの状況を踏まえて、慎重に検討する必要があります。

子供はやっぱりビヨンドが欲しいと思いますが、今から買うのは価格を勘案してももったいないです。

そこで禁止になるバットを今から買うのではなくサブスクで色々試してみてはどうでしょうか?

もしくは禁止になるまではビヨンドをサブスクで利用するのも良いのでは?

少年野球ビヨンド禁止はいつから?今から買う人要注意!についてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました